スタッフブログ

  • HOME
  • > スタッフブログ

スタッフブログ

家具のこと、雑貨のこと、暮らしのこと。宮崎・鹿児島のインテリアショップ ライフのスタッフブログです。インテリアに関することからショップのことまで、インテリアショップ ライフの日常をお届けします。

Simple Life

2016年11月10日

11月に入り今年も残すところあと2か月をきりました。
毎年感じますが1年経つのががとっても早い・・・
私事で恐縮ですが前回のLIFE NEWSでお伝えさせて頂きましたが、今年の4月に宮崎にて中古物件を購入致しました。

新居選びの条件として 「お庭付きの平屋である事。」
夫婦2人の生活で2人共が花、植物に携わる仕事をしており、新居では旦那さんがお庭作りを思う存分楽しめる場所がある事。と私は前職がフラワーアレンジのお仕事をしていたため、クリスマスや季節毎にフラワーLESSONができ、自分の作品を飾ったりフラワーベースやキャンドル、生花などこだわりの物が飾れるアトリエがある事。

この条件に合う家探しと、リフォームにて少しでも理想に近づけるよう、設計士さんと打合せを何度も重ね、一時はリフォームブルーに陥りながらも無事完成を迎え、残暑厳しい8月末に引っ越しを終え、新しい住まいで初めてのクリスマス・お正月を迎えることとなりました。

リフォーム BEFORE (LIVNG・KICHEN)

20160701_185128.jpg20160701_185143.jpg

リフォーム AFTER (LIVINGのみ)

IMG_20161108_165548.jpg
ダイニングテーブルとYチェアーは結婚の時に購入し、セブンチェアーはACTUS入社時から少しずつ買い揃えました。壁付けのライトは新居用にレクリントのライトが付けたくて購入しました。(LEKULINT MODEL324 WALNUT)シェードの美しさと放つ光の美しさに癒されています。
ダイニング用の照明は散々迷い、心に決めた照明がメーカー廃盤という結末だったためとりあえずの物を付けています。納得のゆく自分の好きな照明をゆっくり選んでゆく予定です。


20161102_144633.jpg
ブラインドはニチベイのBAMBOOブラインド。
元々の建具の色に合わせました。
床は無垢のオーク材を使用。
SOFAは当初は夫婦共レザーが欲しくて、アイラーセン社のレザーを考えていたのですが予算オーバーで、増田家破産のためLIFE STAFFを巻き込み散々迷った結果、座り心地を重視し、アイラーセン社のファブリック、ストックホルムの210CM、色は旦那さんお気に入りのGY色をつい最近オーダーし年明けに入荷する予定になっております。(写真と異なります)今から到着が待ち遠しいです。


20161102_183236.jpg
カーテンも全てLIFEでオーダーしました。カーテンレールは白いアイアンを。
カーテン生地はシンプルで飽きのこないナチュラルな物を選びました。テキスタイル担当者に相談し、的確なアドバイスを受け一緒に選びました。(旦那様には最後に報告です)
カーテンが付いた時はとてもきれいで感動しました。
12年前ACTUSに入社して一目惚れして購入したPORADA社のガルボCHAIRを窓辺に。
女性らしいフォルムが上品で大好きな椅子の一つです。
(鹿児島店にて実物ご覧頂けます。)


MASUDA.jpg

リビングから見える寝室の風景。
廊下の床や壁はもともとの木材のまま。
古い物をそのまま受け継いでゆくこと、一つのインテリア、空間として趣きがあり
リビングから見えるこの風景が個人的にとても気に入っています。

リフォームして感じた事。
住まいは人にとって安らぎの場所であり、好きな物に囲まれているだけで生活や自分自身が豊かになります。人と一緒に建物や家具も歳をとり、時間を重ねてゆっくりと色や形も変化してゆきます。その風化も楽しみながらここ宮崎という土地で、新しい住まいで、自分の好きな物を1つずつ揃えてゆく楽しみをこれからも味わってゆきたいと思います。

インテリアLIFEでは家具選びのご相談、3Dにてレイアウトのシュミレーションも行っております。
1人で悩まず、インテリアのプロに是非ご相談ください。

長々とわたくしのリフォーム話しにお付き合い頂きましてありがとうございました。
アトリエやお庭やキッチンはまだまだBLOGではお見せ出来ない状況ですので、次回のお楽しみで。。。

20161108_142331.jpg

LIFE 宮崎店・鹿児島店 両店舗にてXMAS オーナメントや小物も多数入荷しております。
XMAS GIFTもご相談承ります。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

宮崎店 増田

 


 

 

 

寒くなってきました。

2016年11月06日

皆様こんにちは。

11月に入り急に気温が、下がり夜風が冷たくなってきましたねsweat01

私はいつも寒くなると鍋が、食べたくなります。

皆様は、寒くなると何か食べたくなるモノはございますか。

この寒くなった時期だからこそオススメな商品もあります♪

それがこちらFK-1 LIVING TABLEです。

 

IMG_0224.JPG

 

 

FK-1とは、「冬はコタツが1番」という意味で名前が付けられた家具です。shine

またコタツと聞くと四角い形をイメージされると思いますが、こちらは丸型で可愛らしい、テーブルになっています。

またサイズも120cm、110cm、100cmと

木材がウォールナット、オーク材(オーク材のみ8種類)からお選びいただけます。

写真のサイズは、120cm、ウォールナット材です。

丸型なので大人6人で鍋を囲みながら楽しくお食事もできますよ♪

今回は11月30日までお得なコタツキャンペーンもしております。

 

IMG_0238.JPG

 

 

IMG_0239.JPG

 

また鹿児島店、宮崎店、共に店内は、クリスマスモードで営業中です。

今回シルバーとブラックを基調にしたオーナメントが数多く入荷して参りました。

その他にも多数入荷してきましたので、

お時間ございましたら、ご来店お待ちしております。

 

鹿児島店 森田

カーテンのおすすめコーディネート。

2016年10月24日

宮崎店の日髙です。随分秋らしくなって参りましたが、如何お過ごしでしょうか?
今回はおすすめのカーテン生地をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。
この仕事をしていますとお客様から『お部屋キレイにされているんでしょう?』なんてお話をよくお聞きいたします。
しかしこんな事いうとあまり夢が無いようで申し訳ないのですが意外と普通です・・・・。confident
しかもそう言えばカーテンをもうかれこれ15年程変えていない・・・・sweat02
先日、自宅をリフォームしたスタッフにご招待してもらい、123人の家にデビューする事間違いないその洗練された空間を目のあたりにし、ウチもこのままではいかんsweat01と気づかされた事もあってか、『先ずはカーテン!!』といきり立っている今日この頃です。


そんな訳で、自宅のカーテンの掛替も視野に入れながら(すいません、ショップブログを私的活用していまい。)おすすめカーテン探訪記へレッツゴー!!car

先ずはこちら、
FEDEのコンビ。
ドレープ生地サンクルーとレース生地ルカネの組み合わせ。
何とも言えない良い感じの色具合はFEDEならではのブルー系生地に、麻っぽい風合いのレース生地を合わせて御提案。
特にレース生地のルカネ、こちらは超オススメです。スタッフの使用率も高い生地で、麻チックでありながらバリバリの合成繊維のポリ。
強度も強く風合いも良い感じでお値段も割とリーズナブル。

①.jpg①-2.jpg

 



続きまして、FUJIETEXTILEの組み合わせです。
ドレープ生地、レニ とレース生地パラグラフのコンビ。
ドレープのレニはFUJIEの
中でもベストセラーと勝手に個人的に思っているくらいの定番。
ここ数年見本帳から引退しない訳はやはり人気の生地と言って良いでのはないでしょうか。
レース生地のパラグラフはランダムなストライプがシンプルでありながら普通っぽくないのがポイントです。
②.jpg②-2.jpg




続いてこちら、
SOUTHENCROSSのドレープ生地、パラスとレース生地セフェ。
ボーダー同士の組み合わせなんですがおすすめのポイントとしてはしっかりした厚手のドレープは実は遮光生地。
遮光は割とデザイン性に欠けるものが多いイメージですが最近はシンプルな良いデザインの生地が増えて来ましたね。
寝室は勿論の事、リビングでも使えるあまり主張性のない他の家具等とのバランスも取りやすい生地です。
レース生地もランダムなボーダーで面白いですよ。

③.jpg③-2.jpg





そして最後はFABRICIAからドレープ生地アトラペとレース生地アノ。
一つくらい柄物をと思ってご提案してみましたが、個人的にはこちらが一番オススメ。
しかも自宅に付けたい候補№1なんです。
ベージュがベースとなった中にグリーンやグレーのボーダーラインが太めに入っており、ナチュラル系の空間に合わせやすい生地です。
レースのアノもお昼間に眺めているだけでなんとなく癒されるデザインで光が入ると一層、その良さが増します。

④.jpg④-2.jpg

 

 

以上、4パターンのご提案でしたがカーテン生地選びって結構体力使います。coldsweats01
お客様もお打合せの中で結構悩まれる事が多いですが逆にその分楽しみながらお選びになって居られる事が多く見られます。
何よりお部屋のイメージがガラッと変わるこのカーテンというエレメントを是非楽しんで頂きたいものです。



DSC_0133.jpg


宮崎店 日髙

 

使い続ける事に価値のあるテ-ブル。

2016年10月17日

10月に入り幾分、暑さも和らいできて過ごしやすい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊社社長の神無月のお話しはすごく勉強になるお話しでした。11月の霜月はどんな意味があるのでしょうか?


ライフ鹿児島店は昨年の10月のリニュ-アルオ-プンから丁度、丸1周年を迎えます。
リニュ-アル前のセ-ルや準備の日々を振り返るとあっという間の1年でした。
リニュ-アルオ-プン以降、多くのお客様にご来店頂きまして誠にありがとうございます。
慣れ親しんだ赤い看板から白い看板となり戸惑うお客様も多かったと思います。
お店の内装もナチュラルな雰囲気となり私たちスタッフも新鮮な気持ちで毎日、皆様に接する事が出来うれしい思いで一杯です。
これまで以上にインテリアやお部屋作りを愉しんでいただけるお店となれたらと思います。

「鹿児島に無くてはならないお店になる。」

この思いで若いスタッフと共に試行錯誤しながら、楽しみながら営業しております。
是非、今後とも宜しくお願い致します。



さて、前回のブログでも少しお伝えしましたが、今年の夏に引越しを行いました。
引越しを機に我が家に新たに加わった家具があります。

それがこちら⇓

DSC02152.JPG

 

 

REN ダイニングテ-ブル。

素材はブラックチェリ-無垢。オイル仕上。
ACTUSでも定番の無垢のテ-ブルです。
色々と迷いましたが、経年変化を愉しめる無垢のテ-ブルにしました。
ウォ-ルナットやオ-クも候補に挙がりましたが、色の変化の激しいブラックチェリ-が
一番、エイジングを楽しめると思いブラックチェリ-に決定。飴色への変化を楽しんでいます。
テ-ブルに合わせるチェアも色がバラバラで賑やかな空間となっています。

しかし実際に使ってみると、オイル仕上のテ-ブルだけあって色々と気を遣います。
ランチョンマットやコ-スタ-を使わないと輪染みができやすかったりと最初は神経質になっていましたが、1ヶ月もしたらそれも“アジ”と思えるようになりほとんど気にならなくなりました。

無垢やオイル仕上の家具のメリットは経年変化を愉しめる点もそうですがメンテナンス出来るという点にもあります。
サンドぺ-パーで磨いた後に専用のオイルを染み込ませれば良いのです。ある程度のキズや染みならケアできます。

もちろん、出来るだけ輪染み等が出来ない様には気を付けますが、付いたとしても“アジ”としてとらえどうしても気になるならメンテナンス出来るという安心感があります。(メンテナンスキットも当店で取り扱っておりますので、ご安心くださいませ。)

ソファ以上に買い換える事のない家具だからこそ使う程に愛着を持って

[購入した時より10年後に価値の出る家具]

そう思える様に大切に使っていきたいと思います。

DSC02153.JPG

 

鹿児島店 有村

ものづくり研修 in 大川

2016年10月01日

本日から10月がスタート致しました。
今年もいよいよ残すところ3か月。本当に一年が経つのは早いものです。
しかしながら、最近のこの暑さには本当に参りますよね。まるで今から夏本番というような陽気です。

さて、10月は旧暦で神無月(かみなづき)と言います。
神様が無い月。。。なぜでしょうか。
10月は全国の八百万の神様が、一部の留守神様を残して出雲大社(島根県)へ出かけてしまうと古来より考えられてきました。
そのため、神様が出かけてしまう国では「神無月」、逆に島根県では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」となります。
以上、雑談でした。

さて、9月中旬に福岡県大川市へ出向き、アクタスの主催する「ものづくり研修」へ参加致しました。
我々が皆様にご提供させて頂いている「アクタス」は、自社工場を持ち合わせていません。
そのため、商品の企画、プロデュースを行い、製造は国内外の技術力の高い提携工場に協力を仰いでいます。
数多くの提携工場がある中、大川市の提携工場を視察させて頂きました。

 

IMG_8899.JPG

まずはこちら。突板をストックしている倉庫です。
ものすごくたくさんの木材がストックされている中、長年の経験でプロの目を持つ方が木目が良いものを厳選します。
節があるもの、木目が美しくないものは基本的に選ばないということでした。


IMG_8908.JPG


次に訪れた工場がこちら。突板を張り、ボードとして完成させる工程です。
ご夫婦で息を合わせて、1枚1枚丁寧に張っていきます。
この作業を人の手にて行っているという事実に驚きを隠せませんでした。
最後に、ご主人に八女弁にて木材に対する思いを熱く語って頂きましたが、大学時代を福岡にて過ごし、妻も博多の女である私にとっては心地いい語り口調でしたが、関西方面から参加されている方達は何をおっしゃっているのか、全く理解できなかったようですwink



IMG_8926.JPG


そして、次に訪れた工場がロングセラーとなっている「SHINE」シリーズを主に製造されている工場です。
結構大きな工場でしたが、現在はほぼ100%近くアクタスの商品を製造されているらしく、ほぼOEM工場となっているようでした。
こちらでも、ほとんどの工程が手作業。丁寧に丁寧にものづくりをされている様子がひしひしと伝わってきました。


IMG_8945.JPG


最後の仕上げも徹底的に人の手で。
細かな微調整や傷等のチェックも徹底されており、確かなものづくりに感銘を受けた一日となりました。

これからも皆様に自社で販売している家具により自信と誇りを持ち、ご案内できそうです!

宮崎店 小八重 聡

 

秋のおすすめアイテム

2016年09月30日

今日で9月も最終日。明日からもう10月ですね..

季節ももう秋になりましたね。
食欲の秋とも言われるこの秋の季節は私にとって暑すぎず、寒すぎず、過ごしやすい季節でもあり一番好きな季節です。
(↑夏の暑さで食欲が落ちていた私にとっては、とてもありがたい季節なのです。)

それもあってか最近作りたい料理も沢山あり、休みの日は普段なかなか作れない料理を作ってみたりと楽しんでいます。
でも作りたい料理が増えると新しいお皿も欲しくなり、ここ最近ではとくに毎日仕事をしながら誘惑と戦っております...(笑)

そのアイテムの一つがこちらの秋の新作アイテム(><)♡

IMG_0176.JPG
ドイツ生まれのA La Maison Dinner の食器で、≪ASA SELECTION≫のもの。
全世界でトレンディな商品として愛されてるブランドで、こちらのシリーズはとても使いやすく、
持ちのいい、シンプルなデザインとなっており、毎日使えるアイテムとなっています。

IMG_0177.JPG
グレーのマーブル調がとても素敵です♡このお皿を使ってタコのマリネとかお魚のソテーとかパエリアなどの料理も良さそうですよね!

そんなことを毎日考えていると、あれもこれもといろんなものが欲しくなる私でした...

 

ライフ鹿児島店 西郷

 

秋のファッション小物

2016年09月20日

皆様、こんにちは。9月も半ばを過ぎ朝晩は涼しくなりましたが、昼間はまだまだ日差しが強いですね。

街のウィンドウには秋のファッションがきれいにディスプレイされ、見ているだけでわくわくしますね。ライフでもストールやマフラーなどの秋冬ファッションが入荷しています。是非チェックしてくださいね。

まずはSOHOLM(スーホルム)のフリースバッグです。

IMG_8948.JPG


今年のバッグはグレーを基調にした2色です。フリース素材が柔らかく暖かい雰囲気ですが、内側には大きめのポケットが2つがあり使いやすいのもポイントです。

IMG_8947.JPG


こちらのケーブル柄のニットキャップはファッションのポイントにいかがでしょうか。BG・NV・GYの3色ございます。
首にかけているストールは写真では分かりにくいですが、ヘリンボーン柄で太い白のストライプがアクセントになっています。とても柔らかく肌触りが気持ちいいです。どんなお洋服にも合わせやすいので、これはかなりおすすめです。

次はKLIPPAN(クリッパン)のスローです。クリッパンは1879年にスウェーデン南部の小さな村に設立され、130年以上に渡ってウールの紡績・織工・染色・製造までの一連の工程を全て自社で行っているメーカーです。高品質な製品が世界中で愛されています。

IMG_8949.JPG

 

IMG_8950.JPG

 

リビングでは椅子やソファに掛けてひざ掛けやお昼寝マットとして、ベッドルームでは寒い冬の夜に羽毛フトンにプラスして温かさを保つ事も出来ます。

 

最後にラグをご紹介します。フローリングの上に1枚あるだけで雰囲気が変わりますよ。

IMG_8954.JPG IMG_8953.JPG


上の写真左側の流線ラインがポイントのRANDラグはなめらかで肌触りがよく、程よいボリュームで踏み心地も良い感じです。右側のMELLOWラグもふんわりとした肌触りでこれからの季節にぴったりです。

下の写真のFABULA(ファビュラ)ラグはインドの職人により1枚1枚が手織りで作られている平織のラグです。インテリアのアクセントとしても素敵に決まるおすすめのラグです。

お時間ございましたら、是非見にいらして下さい。お待ちしています。
宮崎店 小八重藍紀

新しい住まい

2016年09月08日

皆様こんにちは。

9月に入りましたが残暑はまだまだ続きそうですね。

これで残暑と呼んでいいのか、、、。

最近、私引越しを考えていまして休みの日はネットや不動産で部屋探し。

図面を見ながらああでもない、こうでもないと嘆いています。

この仕事をさせていただいているとお客様の素敵なお部屋をたくさん拝見します。

自分の部屋も理想ばかりが膨らんでいます。

今使っている家具もあれば、新しく買い換えるものもありますよね。

永く使うもの物だからこそ失敗したくない。

サイズ、色、部屋の雰囲気に合うか悩んでいます。

そこでLifeで仕事をしていて良かった!

Lifeでは3Dでプランニングが出来る!!!

図面を基にパソコンで部屋を立体的に作れるんです。

(仕事をさぼって自分の部屋を作っているのは秘密です。)

かなり省略して説明してみます。

 

ブログ①.jpg

 

まずは壁を作って全体の間取りを作ります。

 

ブログ②.jpg

 

次にドア等の建具、窓、床、キッチンなどを入れていきます。

ここからお客様の理想のインテリアをお伺いした内容で家具の配置をしていきます。

サイズ、色、全体的な雰囲気もこれでよりイメージが掴めます。

 

ブログ③.jpg

 

ちなみに私、こんな部屋にしようかと考えています。

次回のブログでは実際のお部屋を載せたいと思います。

 

プランニングは無料ですので、皆様のインテリアの理想も是非聞かせてください♪

まずはシュミレーションで形にしてみませんか?

 

本坊

 

大阪-神戸出張

2016年09月05日

先日、ACTUS主催の研修に参加する為、大阪出張に行って参りました。
まず、今回新しくデビューしたfive by five premium/bespoke の研修。

IMG_4216-2.jpg

普段実際にはなかなか見る事のできない骨組み(写真はリーケソファ)

レザーをかけて仕上げてしまえば見えなくなる部分にも関わらず、、丁寧に磨き上げられています。
アームやバックの特徴的なカーブは、一つ一つ微妙に異なる角度のフレームによって作られています。
また、five by five premium/bespoke のソファは、100を超える複雑なパーツ(標準的なソファは30~50パーツ程)から成り、どこか一つでも間違えると組み上げる事ができない職人泣かせなソファでもあるそうです。(それだけ高度で丁寧な技術が必要。)

今回five by five premium/bespoke から3つのモデルがデビューしており、その中のリーケソファ、ティンソファのデザインを手掛けられた松岡智之氏もいらっしゃっていて、お話を伺う事ができました。
製造を担う木工所の高い技術力のお陰で今回のデザインが出来きた事、素材にとことんこだわり、空間と人になじむソファを目指し、今回のソファが完成したとの事です。
実際にソファが工場で作られている動画も見せて頂いたのですが、綺麗な工場で丁寧に作られている事がとても伝わってきました。