アイテム

ファブリック or レザー?

ソファー選びのご相談を受け、最もと言ってよいほど多いご質問の一つがこちらです。

布(ファブリック)と革(レザー)、どちらが良いのでしょうか?


このご質問の答えは、それぞれのメリット、デメリットを把握したうえでお選びになられた方が良い!とうのが私どもの見解です。

ですが、よほどのこだわりがない限り、お掃除が苦手な方は絶対に革を選ぶのはおすすめできません。

因みに、ここで表現する革とは本革の事を示しており、合成皮革(合皮)とは異なりますのでご注意ください。

その答えとして、色々とお伝えしたいことはあるのですが、ここでは最低知っていた方が良いポイントのみお伝えいたします。

まず、布(ファブリック)の特徴について。

ファブリック2.jpg

  • ファブリックのデメリット

・ 汚れが染み込みやすく、シミになりやすい。

・ 本革に比べて耐久性に劣る。

この2点が大きなデメリットと考えられます。

どうしても耐久性の面では本革には劣るため、使用状況の違いにもよりますが、汚れがシミとなってしまったり、ひどい場合には破けてしまったりすることも考えられます。

  • ファブリックのメリット

・ カバーリングソファーの場合、カバーが洗濯できたり、物によってはカバーのみの追加購入が可能。

・ 本革より安い。

この2点が大きなメリットと考えられます。

ソファーに限らずバッグなどもそうですが、本革に比べ布は元々の材料費が異なるため、同じソファーでもランクによっては革張りの半額以下で購入することができます。
また、カバーリングという布が本体から取り外し可能なソファーの場合、カバーが痛んだとしても替えカバーのみの追加購入が可能なケースがあるのは本革にはない大きなメリットと言えるでしょう。

次に、革(レザー)の特徴について。

レザー2.jpg

  • レザーのデメリット

・ 必ずメンテナンスが必要。(6か月に1回程度)

・ 価格が高い。

この2点が大きなデメリットと考えられます。
元々の素材としては、布よりも革の方が耐久性は高いです。
しかしながら、何よりもお手入れ!これを怠ってしまうと、折角の良いソファーもボロボロになってしまう可能性が非常に高いです。
革は常に呼吸をしていますので、人間の肌と同じように潤いを与えてあげる必要があります。
女性がお風呂上りに保湿クリームを塗るのと同じような考え方です。
半年に1回は専用のメンテナンスキットにてお手入れをしてあげてください。

  • レザーのメリット

・ メンテナンスさえ続ければ、長く長く愛用できる可能性が高まる。

・ 使い込むうちに、どんどんと味わいが増し、価値が高まる。

この2点が布にはない最大のメリットと考えられます。
メリットとデメリットは紙一重といいますが、まさにその通り。
メンテナンスさえ続けていけば、年を追うごとに味わいが深まり、購入した当初よりも価値あるソファーとなり得ます。

なんだか人間と同じみたいですね。

このメンテナンスという作業が革には必要不可欠な以上、お掃除に自信のない方にはおすすめできないというのが最大の理由です。

以上、非常に簡単ではありますが、各々の特徴を最小限にまとめてみました。

皆様のソファー選びの参考になれば幸いです。

尚、革のメンテナンスキットは弊社でも販売していますので、お気軽にご相談下さい。

 

IMG_87612.jpg