暮らしとライフ

Hさんの暮らしとライフ

濱崎様①.jpg

 

 

シックとモダンの調和。そこからの迫力ある景観とのコントラスト。

ご結婚間近のH様。そんなお二人がご新居に選ばれたのは眼下に鹿児島の雄 桜島が映る新築の分譲マンション。以前からお気に入りの立地と迫力満点の景観が決め手になったそう。納品当日は目の前の桜島も雪化粧となりお二人の新生活を祝福しているかの様でした。ご新居のインテリアでH様が重視されたのは「綺麗なホテルのような感じよりも茶色やベ-ジュ、グレ-を取り入れて落ち着いた雰囲気。また細長いリビングの為、出来る限り物を置かないミニマルな空間」を目指したとのこと。「衣や食は年齢四季の変化で変りえるが、住はほぼ不変な事が多い。その不変の中から毎日の日々の暮らしの幸せをどう感じられることこそ大事でありそれが理想の部屋」と話される確固たる理想がこの空間を創りあげたと言える。ここから新たなお二人の暮らしがはじまるが「長く暮らせて、家族が増えても共に五感で癒され楽しく過ごせる空間を目指したい」と話す姿がとても印象的なH様。

空間を埋めるのではなく空間を創る家具。

ご新居が決まれば、次はインテリア選び。インタ-ネットやSNSで情報収集をする事も楽しくインテリアにどんどんはまっていったそう。テレビドラマでACTUSの家具が使われているのを見てACTUSの家具に興味が出てきたと話されます。実際にショップで家具や照明を見ていくうちに「デザインがごちゃごちゃしておらず洗練されたスマ-トなイメ-ジ」(H様談)なACTUSの家具をご新居のインテリアにお選びいただきました。特に人気NO.1 SOFAのeilersen社のSTREAMLINEとTECTA社のM21テ-ブルの贅沢なコンビネ-ションはどうしても譲れなかったアイテム。新居の間取り図を基に3Dでのシュミレ-ションで配置やサイズ、色合いなどご新居のイメ-ジを何度も確認されご注文。実際にその通りに出来上がるかは不安もあったと話されますが、家具搬入前は狭く感じた部屋が、家具を搬入してから逆に広くなったと感じたそうです。まさしく「空間を埋める家具ではなく、空間を創る家具」と満足感も高いご様子で嬉しい限り。また、天井からのカ-テンが大きくお部屋の印象を左右しソファの色や床や建具の色との組み合わせでより引き立つ印象を感じさせます。毎日、目にするものだからこそ長く使えて飽きのこない上質なものを上手く取り入れています。

私とライフ
濱崎様⑧.jpg


ファッションやお買い物、ランチ、スイ-ツ巡りもお好きなH様。インタ-ネットやSNSを駆使しての情報収集でお好みのお店を探されておりライフもきっかけはインタ-ネットで知ったそうです。そして色々な家具屋さんやインテリアショップを見て回るうちに【値段より質やデザインを重視していく】とお二人の価値観も一致していったそうです。ご新居のインテリア選びも担当のスタッフに色々な事を聞いて自分なりにも調べて情報を得ながら楽しんで納得いく選択が出来たとのこと。また担当のスタッフも「高い買い物だけに動線や体の大きさに配慮した的確な提案と楽しみが広がるような納品体験談を参考に決して無難な提案だけでなく攻めた、ロマンを感じる提案で真摯な対応でした」とお褒めの言葉を頂きました。まだ新居に入居されて日が浅いが、早く帰りたいという思いとより暮らしを良くしようと仕事や行事ごとにもやりがいを持てるようになったと住まいやインテリアを通して新たな価値観が芽生えたご様子。これからも小物雑貨や洋室の家具など揃えたい物もあるそうでACTUSの123人の家にも載ってみたいと話されるお二人のこれからの暮らしも気になります。

濱崎様③.jpg

部屋の大きな印象を左右するカ-テンはFABRICIAのノアとネ-トルの絶妙な組み合わせ。北欧を代表するPH5とシリアルナンバ-入り
の限定モデルのJ39
も空間にピ
タリと合う。

濱崎様⑤.jpg
TECTA社のM21テ-ブルには異なるチェアを合わせる。ブラックのCH24(Y CHAIR)が空間を引き締める。TECTA社のテ-ブルとチェアは高さを通常の高さをより低めにオ-ダ-し、使い易さも重視。濱崎様④.jpg

ダイニングから窓を眺める。視線の先には桜島が悠然とそびえたち、外の景色もインテリアとなる。

濱崎様⑩.jpeg

昼間の姿よりも夜の雰囲気の方が心地良く、eilersen社のSTREAMLINEで寛ぐ時間が至福のひと時だそう。
濱崎様⑦.jpg

3Dシュミレ-ションの画像。イメ-ジぴったりとご満足。