News

Home > News > Event > 鹿児島店「2つのヴィンテージ展」ポップアップ開催

鹿児島店「2つのヴィンテージ展」ポップアップ開催

2022.02.17 | Event

鹿児島店では「ヴィンテージ展」と題しまして2つのポップアップストアを開催いたします。

一つ目は「ヴィンテージアート展」ポップアップを2月26日(土)から3月27日(日)まで開催。

ヴィンテージアートとは1940年代から50年代を中心に、写真の技術が確立する以前にファッション誌などヴィジュアル重視の雑誌イラスト広告を額装したものです。

当時の印刷技術は現在よりも手作業に近いもので、その繊細な色合いは味わいのある紙質と相まって、深みのある独特の風合いを醸し出しています。

また当時の雑誌編集には、後にアーティストとして高い評価を得るグリュオ、ウォーホル、ダリ、コクトーなどの巨匠が携わっており、そのアーティスティックなデザインと完成度の高さは今でも全く色褪せることのない魅力を感じさせます。

CHANEL、Dior、HERMESなどブランドの広告が盛りだくさん!

インテリアツール、コレクションアイテム、ギフトツールとしてお気に入りの1枚を見つけてください。

 

2つ目は「トライバルラグ展」ポップアップを3月5日(土)から3月27日(日)まで開催。

全て一点ものの希少な手織りラグが到着しました。

トルコとイランの職人が手仕事で織りあげたトライバルなデザインのラグが期間限定で入荷。
織られた地域によって異なるパターンは、全て一点ものの希少な手織りラグです。北欧家具やモダンインテリアとも相性の良い、長い年月を経て魅せる奥深い表情をお楽しみください。

トライバルの起源は、古くから遊牧生活を営んできたトルコやイランの民族が、移動時に持ち運びが容易でさらに快適で耐久性に優れた絨毯を求め、独自の技術を発展させてきたことに発します。

そのデザインは、部族ごとで独自のものが考案されたため、民族性を反映した様々な表情を持つことが特徴です。
近年は、北欧家具が設えられた空間やモダンなインテリアなど、住まいのアクセントとして楽しむ方が増えていることや、天日干しや絞った布で表面を拭き掃除できることなど、手軽で快適に使えることも人気の秘密です。

今回ライフ鹿児島店では、職人の手仕事で織り込まれた様々な柄を持つ、一点もののトライバルラグをご用意いたしました。

ぜひこの機会に、西アジアと東ヨーロッパが交差する地から届いた芸術文化をお楽しみください。

また、柔らかい子羊の毛で織られたモロッコラグ(ベニワレン展)も同時開催いたします。

 

キーワードから探す

PageTop